SSブログ

特強隊 美少女拷問惨殺団 春奈の異変 [美少女拷問惨殺団]

特別強攻機動隊
少女連続惨殺事件編 第二部
水筒を提げた猫 5


 春奈は自分に異変を感じていた。 朝、ウキウキと心が躍るのは、大好きな萌に会えるからだ。 それはわかっている。  しかし、この胸の高鳴りは以前経験がある。 中学の時、野球部の男子を好きになったときだ。
 春奈はレズビアンに強い不快感と懸念を抱いており、自分にそれはありえないと思っていた。  しかし、それに追い討ちをかけるような夢を春奈は見た。 裸で萌と抱き合い、キスをする夢。
 それから、さらに1週間位後、さらにエスカレートした夢を見た。  夕方、萌と別れるのが辛くてしょうがない。 胸が苦しくてどうしようもない。  春奈は悩み続け、そして結論を出した。
 春奈が萌の家に行くと、いつものように大きな猫の群れの中に埋没して萌はいた。
 萌の家に来て1時間が過ぎたころ、春奈は勇気を振り絞り、思い切り萌の体を抱きしめ、キスをした。  見かけによらず萌は力がある。ぐぐっと春奈を押し離すと、萌は下を向いたまま「私そう言う趣味ない」と言った。
 気まずい雰囲気のまま、さらに1時間が過ぎた。空気を読めない猫どもが、好き放題のことを続けている。  春奈はボソッと「私もこう言う趣味なかったのよ萌と逢うまでは」と言って泣き出した。
 結局、明日からは、また今までのように普通に?仲良くする事を約束して、春奈は萌の家を出た。


水筒を提げた猫 6


av8b_750pix.jpg

美少女拷問惨殺団 TOP

インターネット通信販売

通販 携帯モバイル用サイト ← 携帯モバイルの方はこちらをクリックして下さい。

1から教えます男女交際の仕方

美少女拷問惨殺団


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます